スポンサーリンク
スポンサーリンク

答え合わせは、未来で。が第1位!2019年11月28日新着TOP10

この記事は約6分で読めます。

答え合わせは、未来で。が第1位!2019年11月28日新着TOP10

 

答え合わせは、未来で。(日産未来文庫)

なぜ日産がSF作家に未来予想を託すのか。
それは、過去数々のSF作家たちが、未来を的中させてきたから。
制約や常識にとらわれず、自由に描くSFの中には、自動運転社会の実現へのヒントがある…かもしれません。
行き先を決めてくれるクルマや、車載AIとの会話、信号のない道路など。
SF作家たちが想像する未来のクルマとの暮らしに、あなたも思いをはせてみませんか。

第1位

なぜ日産がSF作家に未来予想を託すのか。
それは、過去数々のSF作家たちが、未来を的中させてきたから。
制約や常識にとらわれず、自由に描くSFの中には、自動運転社会の実現へのヒントがある…かもしれません。
行き先を決めてくれるクルマや、車載AIとの会話、信号のない道路など。
SF作家たちが想像する未来のクルマとの暮らしに、あなたも思いをはせてみませんか。

第2位

まちがい続ける青春模様、シリーズ完結。

 季節はまた春を迎えようとしていた。
 同じ日々を繰り返しても、常に今日は新しい。悩み、答えに窮し、間違えを繰り返しても、常に飽きもせず問い直すしかない――新しい答えを知るために。
 言葉にしなければ伝わらないのに、言葉では足りなくて。いつだって出した答えはまちがっていて、取り返しがつかないほど歪んでしまった関係は、どうしようもない偽物で。
 ――だからせめて、この模造品に、壊れるほどの傷をつけ、たった一つの本物に。故意にまちがう俺の青春を、終わらせるのだ――。
 過ぎ去った季節と、これから来る新しい季節。
 まちがい続ける物語が終わり……そしてきっとまだ青春は続いていく。シリーズ完結巻。

第3位

ある日ケリーが「結婚式をやらないか?」と言い出した。このありえない発言にジャスミンとダイアナはケリーが重篤な病気にかかったのでは? と疑いをかけ……。結局披露宴は敢行され、多彩すぎるゲストが宇宙のあちこちから集まった。現役連邦主席もいるし宇宙放論者や学生も市井の婦人まで、懐かしい顔が勢揃いしたのである。
「鈴木理華画集」に収録された中篇に加筆を加えた表題作の他、披露宴の後の新婚旅行の話が書きおろされた中篇集。

第4位

★TVアニメ絶賛放送中!★
「このライトノベルがすごい!2018&2019」2年連続1位!
シリーズ累計200万部突破!(電子書籍を含む)

第5位

――かくして、積年の復讐は果たされた。ルシウスを自らの手で屠ったリオは、誘拐されていた王女姉妹の保護を決めるが、そこに待ったを掛ける人物が一人。「俺はそこの王女二人よりも貴公が欲しい」意外な人物による勧誘に対して、リオが下した決断とは? 一方、婚約者であるフローラが消息を絶ったことで、勇者坂田は以前から気に入っていたリーゼロッテを自らの第三夫人にと望み、結果として国を巻き込んだ見合いの席が設けられることに――!?

第6位

「変態ね」「変態さんです」「変態じゃのぅ」

九賢者の一人『相克のアルテシア』の情報を求めて、行方を知る可能性のある怪盗ファジーダイスを追うミラ。
その道中に立ち寄った街で仲間のカグラと出会い、彼女からこの街で子供たちの誘拐が多発していること聞いたミラは、
それを知っては知らぬふりなどできないと、子供達を救出するため、そして決定的な悪事の証拠を掴むため、
メイド服に身を包み囮捜査をすることにするのだが……。
ゲーム時代は九賢者総動員で討伐にあたったほどのレイドボスである。
しかもマキナガーディアンは、ゲームのときとは異なった高度な学習機能を有しており、
パターンに嵌めることもままならない。

そんなピンチに『巨壁』と『軍勢』のとった戦術とは……。

第7位

魔王と田中の戦いは熾烈を極めていた。
お互いに決定打を欠いたまま、持久戦へと移っていく。

体の傷は回復するが、既に服はボロボロ……どころか全裸、圧倒的に全裸であった。

そんな田中のピンチに、メルセデスの性奴隷ちゃんと男娼のピーちゃんが助けに現れ、事態は急展開を迎える。

そして物語の鍵は、ソフィアちゃんの尿入りラッキーポーションに委ねられるのであった。

第8位

各邪神の名前が明らかになり、とある知り合いが邪神関係者であることが判明する。その知り合いとは、ギルドの受付嬢アイヴィ=ブリッジガード。彼女への聞き込みから、シェーナの復活に関する手がかりが手に入り――。これは、新米冒険者に転職した、凄腕の元傭兵の冒険譚である。

第9位

100ページ以上に渡る未収録短編に加え、新規書き下ろし短編を収録! 更に劇場キャストへのインタビューに加え丸戸史明、深崎暮人からの劇場制作秘話を収録したファンブック!

第10位

故郷ハトハラーの村に辿り着いた、『不死者』であり冒険者のレントと、学者で魔術師のロレーヌ。
久しく顔を見せていなかったレントの帰省を受け、村を挙げて歓迎の宴が催されることに。
準備のため留守番を任されたロレーヌの元へ、昔のレントを知る者たちが訪れる。冒険者としてのレントの様子を聞かれたロレーヌは、骨巨人やタラスクとの戦闘を魔術で再現し……!?
その後、始まった宴の最中、レントの姿が見当たらないことに気づいたロレーヌ。探し当てた墓所には、レントの姿があった。
そして『不死者』は自身のルーツを語り出す――
「ああ、そうだ。あれは村の特産品を売りに隣町に行くときのことだったな……」
かつての幼馴染との交流と、神銀級を目指す契機となった事件を。
強大な魔物と戦い、多くの謎を解き、そして強くなる。
死してもなお遙かなる神銀級を目指す、不死者レントの『冒険』、第6弾――!